【週間】3/2ー経済指標

発表経済指標重要度前回(修正)予想結果
3/2 (月)
08:5010-12月期 四半期法人企業統計調査・ソフトウェア含む全産業設備投資額 [前年同期比]7.1%-2.5%-3.5%
10:452月 Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)51.146.040.3
17:302月 SVME購買部協会景気指数47.848.049.5
17:502月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)49.749.7
17:552月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)47.847.8
18:002月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)49.149.1
18:302月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)51.951.9
18:301月 消費者信用残高12億ポンド10億ポンド
18:301月 マネーサプライM4 [前月比]0.1%
18:301月 マネーサプライM4 [前年同月比]3.8%
23:452月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)50.850.8
24:002月 ISM製造業景況指数50.950.5
24:001月 建設支出 [前月比]-0.2%0.6%
3/3 (火)
08:502月 マネタリーベース [前年同月比]2.9%
09:301月 住宅建設許可件数 [前月比]-0.2%1.0%
09:301月 住宅建設許可件数 [前年同月比]2.7%1.9%
09:3010-12月期 経常収支79億豪ドル23億豪ドル
12:30 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表0.75%0.75%
14:002月 消費者態度指数・一般世帯39.138.3
15:4510-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比]0.4%0.2%
15:4510-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]1.1%1.3%
16:451月 財政収支-928億ユーロ
18:3010-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比年率]-0.6%-0.2%
18:3010-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]0.1%-0.2%
18:302月 建設業購買担当者景気指数(PMI)48.449.0
19:002月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]1.4%1.2%
19:002月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]1.1%1.2%
19:001月 卸売物価指数(PPI) [前月比]0.0%0.5%
19:001月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比]-0.7%-0.4%
19:001月 失業率7.4%7.4%
3/4 (水)
06:451月 住宅建設許可件数 [前月比]9.9%
09:3010-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比]0.4%0.4%
09:3010-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]1.7%2.0%
10:452月 Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)51.848.0
16:001月 小売売上高指数 [前月比]-3.3%
(-2.0%)
1.0%
16:001月 小売売上高指数 [前年同月比]0.8%
(1.7%)
1.5%
16:302月 消費者物価指数(CPI) [前月比]-0.2%0.2%
17:502月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)52.652.6
17:552月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)53.353.3
18:002月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)52.852.8
18:302月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)53.353.2
19:001月 小売売上高 [前月比]-1.6%0.6%
19:001月 小売売上高 [前年同月比]1.3%1.1%
21:00 MBA住宅ローン申請指数 [前週比]1.5%
22:152月 ADP雇用統計 [前月比]29.1万人17.0万人
22:3010-12月期 四半期労働生産性指数 [前期比]0.2%
23:452月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)49.449.5
23:452月 総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)49.6
24:00 カナダ銀行 政策金利1.75%1.75%
24:002月 ISM非製造業景況指数(総合)55.555.0
28:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
3/5 (木)
08:50前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)6587億円
08:50前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)-686億円
09:301月 貿易収支52.23億豪ドル48.00億豪ドル
17:0010-12月期 四半期経常収支-1900億ランド
21:302月 チャレンジャー人員削減数 [前年比]27.8%
22:30前週分 新規失業保険申請件数21.9万件21.5万件
22:30前週分 失業保険継続受給者数172.4万人
22:3010-12月期 四半期非農業部門労働生産性・改定値 [前期比]1.4%1.4%
24:001月 製造業新規受注 [前月比]1.8%-0.2%
26:00 カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
3/6 (金)
08:301月 全世帯家計調査・消費支出 [前年同月比]-4.8%-3.9%
08:301月 毎月勤労統計調査-現金給与総額 [前年同月比]0.0%0.2%
09:301月 小売売上高 [前月比]-0.5%0.0%
14:001月 景気先行指数(CI)・速報値91.691.3
14:001月 景気一致指数(CI)・速報値94.194.5
16:001月 製造業新規受注 [前月比]-2.1%1.2%
16:001月 製造業新規受注 [前年同月比]-8.7%-5.4%
16:451月 貿易収支-40.53億ユーロ-48.05億ユーロ
16:451月 経常収支-6億ユーロ
22:302月 新規雇用者数3.45万人
22:302月 失業率5.5%
22:302月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]22.5万人17.5万人
22:302月 失業率3.6%3.5%
22:302月 平均時給 [前月比]0.2%0.3%
22:302月 平均時給 [前年同月比]3.1%3.0%
22:301月 貿易収支-489億ドル-480億ドル
22:301月 貿易収支-3.7億カナダドル
24:002月 Ivey購買部協会指数57.3
24:001月 卸売在庫 [前月比]-0.2%
24:001月 卸売売上高 [前月比]-0.7%
29:001月 消費者信用残高 [前月比]220.6億ドル170.0億ドル

ドル・円は5カ月ぶり安値から反発、日銀総裁談話などで日本株上昇

Bloomberg

東京外国為替市場のドル・円相場は上昇。新型コロナウイルス感染拡大をめぐる米利下げ観測や中国景気指標の大幅な悪化を背景に約5カ月ぶりの安値を付けた後、日本銀行の黒田総裁による談話を受けて日本株が上昇に転じるとドル買い・円売りが優勢になった。

市場関係者の見方

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラテジスト

新型コロナウイルスの米国などでの感染拡大や中国PMI(購買担当者指数)の大幅な悪化を背景にドル・円も売りが先行したが、日本株に買い戻しが入ったのを受けて下げが一服している
新型ウイルスは全員が被害者なので、米連邦準備制度理事会(FRB)が事実上の利下げ予告に踏み切り、日銀も総裁談話を発表したことで金融緩和方向の国際協調が意識されている面も
今週の注目は株価の行方。先週の大幅安から下げ止まりに転じればドル安・円高も一服するだろう。上げるか下げるかは新型ウイルスを巡るニュース次第だ

NBCフィナンシャル・マーケッツ・アジアのディレクター、デービッド・ルー氏(香港在勤)

市場の鎮静化を狙った日銀の資金供給を受けて、日本株が戻していることから、ドル・円も朝方からの下げを取り戻す形になっている
107円半ばでは国内勢の買いが観測されていること、また日銀当局の市場鎮静化策も出てきたことから、いったんは下値を付けた可能性も
目先は新型コロナウイルスの情勢を見つつ、米国など主要中央銀行の金融政策の見通し変更を受けた債券市場のリプライシングなどをこなしながら、107円50銭ー109円50銭でのレンジか

背景

・日銀が新型ウイルス拡大で緊急対応、総裁談話「市場の安定確保」
・米国や豪州、タイで初の死者-感染封じ込めの余地狭まるとWHO
・イタリアで新型肺炎の感染5割増、日米が一部州の警戒レベル上げ
・FRB議長、ウイルス注視し「適切に行動」と表明-利下げの可能性示唆
・中国、2月製造業PMIは過去最低-新型ウイルスの影響深刻
・日経平均株価は前週末比201 円12銭高で取引を終了。朝方に付けた昨年9月5日以来の安値2万834円29銭から上昇に転換