《FP解説!》会社にバレない副業の確定申告の方法

「ハイローで利益でたけど、海外業者だし、確定申告して会社にバレるのも嫌だから、確定申告しないでいいや」と思ってる方!

海外業者だろうと、ハイローはFXのバイナリーオプション取引。
つまり投資。利益が出ている場合は必ず納税の義務が課されます。確定申告しなければ脱税になるんです!

ちゃんとルールを守って、会社に副業がばれないように確定申告する方法があります。知らないと損をするルールが山ほどあるのです。

家賃の一部やパソコン費用、セミナーの参加料や交通費、書籍代など、「副業で稼ぐのに使った費用」はおおむね経費計上できるのは御存じですか?

納税対象となる条件

バイナリーオプション(副業)の儲けは、海外は雑所得(総合課税)、国内は申告分離課税として扱われ、税金の計算方法が違います。

一定の金額を境界線として、総合課税の方が申告分離課税よりも税率が高くなります。

・サラリーマンの場合は、バイナリーオプション(副業)で1年間(1月1日~12月31日)に20万円以上稼いだ場合

・給料をもらっていない人(専業主婦や専業トレーダーなど)の場合は、バイナリーオプションで1年間(1月1日~12月31日)に38万円以上稼いだ場合

※海外のバイナリーオプションの儲けも、税金がかかる条件は国内と同じです。つまり、給与所得が2000万円以上ある場合は、20万円以下でも確定申告が必要となります。

海外バイナリーオプション業者の課税方法は、この「総合課税」という種類になります。この課税方法は、投資取引所得と他の所得とを”合計して”税率計算する課税方法です。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

引用:国税庁ーNo.2260 所得税の税率より

(注) 例えば「課税される所得金額」が700万円の場合には、求める税額は次のようになります。
700万円×0.23-63万6千円=97万4千円

海外バイナリーオプションの税金は、以下のように計算します。

  1. 課税所得=(給与収入-給与所得控除+バイナリーオプションの利益)-所得控除合計
  2. 税金=課税所得×税率 ー控除額

【具体例】バイナリーオプションの儲けが100万円、所得控除合計が150万円の場合

課税所得=(500万円-154万円+100万円)-150万円=296万円。

税金=296万円×10%-97,500円=198,500円となります。

 

国内のバイナリーオプション業者を利用している方は、課税方法が「申告分離課税」となるので税率は所得に関係なく、一律で20.315%になります。

つまり、課税対象所得が年間で695万円以上ない限り、ハイローオーストラリアなどの海外バイナリーオプション業者で取引をしている方のほうが、税金を低く抑えることが可能なのです。

バイナリーオプションの税金対策

海外バイナリーオプション業者にかかる税金の計算方法、納税方法と国内業者の場合との違いも含めて解説しました。

もっと詳しく知りたい方は、是非、この機会に国税庁のホームページをご覧になってください。ファイナンシャルプランナーの試験勉強をしていた時に思ったのですが、ルールを知らないとそれだけで損です。
スポーツと同じくルールを破ればペナルティもきます。
毎年のように大なり小なり税制は変更されていますので、こまめにチェックする癖をつけるといいですね。

バイナリーオプションに限らず、投資を行うにあたって、税金対策というのは必須になってきます。(副業も同じ)

きちんと計算方法・納税方法を理解し、「知らない間に脱税をしてしまっていた」などが絶対にないよう気を付けましょう。

脱税をしていると、追徴課税をくらってしまうこともあり、最大で課税対象所得の50%の税金を追加で支払わなければならないこともあります。

また、節税するには、「利益から差し引く経費を増やせばよい」のですが、不必要な経費を増やしても手取りが減るだけなので、真に必要な経費だけを正しく計上すべきです。

たとえば、家賃の一部やパソコン費用、セミナーの参加料や交通費、書籍代など、「バイナリーオプションで稼ぐのに使った費用」はおおむね経費計上できます。

しかし、怪しい経費を多額に計上すると、税務署から連絡が来る可能性があるので、税務署や税理士に事前に相談するとよいでしょう。

サラリーマンでも、バイナリーオプションが会社にバレない方法

サラリーマンが一番不安に思うのが、「会社に副業がバレること」だと思いますが、実は1つだけバレない方法があるので紹介します。

バイナリーオプションに関わらず、副業がバレる理由は「住民税」に関係しています。

理由は、会社員の年末調整にはバイナリーオプションでの利益が含まれないので、会社側に正しい税額を払えていないと通知がいくからです。

そのため副業がバレたくない方は、確定申告時に「普通徴収」で申告する方法があります。

具体的には、確定申告書の第2表の下部の「自分で納付」の欄に丸をして申請すれば、市役所から自分宛に送られてくる納付書を使い、コンビニなどで簡単に納付ができます。

バイナリーオプション税金対策まとめ

・国内は一律20.315%の申告分離課税
・海外は雑所得として税率5%~45%の総合課税
・サラリーマンの場合は年間20万円以上稼ぐと税金がかかる
・国内のバイナリーオプションは、「損失の3年繰越」と「損益通算」の優遇措置がある
・国内/海外どちらも「経費を増やす」ことで利益を減らして節税対策ができる
・税金がバレない方法は、住民税を「普通徴収」にして申請する

「税金って難しそうだし、めんどくさいな」と思うかもしれませんが、ちゃんと税金の仕組みや優遇措置を一旦身につけてしまえば、簡単に節税できるようになります。

ルールを守って副業に励んでください!