今日は英総選挙、経済指標イベント情報(12/13)

英総選挙、保守党が圧勝へ 過半数確保の見込み

[ロンドン 12日 ロイター] – 12日に投票が行われた英総選挙は、出口調査によると、ジョンソン首相率いる与党・保守党が過半数を確保し、圧勝を収める見通しだ。来年1月31日の欧州連合(EU)離脱実現に向けて大きく前進する。

BBC、ITV、スカイの3放送局が共同で実施した出口調査によると、保守党は下院(定数650)で368議席を獲得する見込み。予測通りなら、国政選挙としては保守党にとってサッチャー元首相の下での1987年以来の大勝となる。

最大野党の労働党は191議席にとどまる見込みで、予測通りなら1935年以来最悪の結果となる。スコットランド民族党(SNP)は55議席、自由民主党は13議席をそれぞれ獲得する見通し。ブレグジット党は議席を獲得しない見込み。
ジョン・バーコウ前下院議長は「(出口調査に基づく予測通りなら)保守党にとって素晴らしい勝利となる。ジョンソン首相は自身の賭けが完全にうまくいったと感じるだろう」と語った。

出口調査結果を受けてポンドは急伸。対ユーロEURGBP=D3で2016年7月以来の高値を付け、対ドルGBP=D3では一時2.3%高の1.3480ドルまで買われた。

公式開票結果はこの後7時間の間に発表される。

出口調査に基づく予測が外れたのは過去5回の国政選挙のうち2015年の1回のみ。その際は出口調査でハングパーラメントが予測されたが、実際には保守党が過半数を獲得した。

今回の出口調査が正しければ、ジョンソン首相は1月31日の離脱に向け、EUと合意した離脱協定の批准に早急に動くとみられる。

 

発表経済指標重要度前回(修正)予想結果
12/13 (金)
08:5010-12月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断52
08:5010-12月期 日銀短観・四半期大企業製造業先行き23
08:5010-12月期 日銀短観・四半期大企業非製造業業況判断211620
08:5010-12月期 日銀短観・四半期大企業非製造業先行き151618
08:5010-12月期 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資 [前年度比]6.6%6.0%6.8%
13:3010月 設備稼働率 [前月比]1.0%
13:3010月 鉱工業生産・確報値 [前月比]-4.2%
13:3010月 鉱工業生産・確報値 [前年同月比]-7.4%
16:0011月 卸売物価指数(WPI) [前月比]-0.1%
22:3011月 小売売上高 [前月比]0.3%0.5%
22:3011月 小売売上高(除自動車) [前月比]0.2%0.4%
22:3011月 輸入物価指数 [前月比]-0.5%0.2%
22:3011月 輸出物価指数 [前月比]-0.1%0.1%
24:0010月 企業在庫 [前月比]0.0%0.2%