【実践】ハイロー攻略動画まとめ~スマホ版実践動画

 

tnm
通貨の強弱「マタフ(mataf.net)」や「Currency Strength Index」を確認、強い通貨(プラス圏にある)と、弱い通貨(マイナス圏にある)を見極めます。
通貨同士の乖離が大きい方が、より強いトレンドにあるといえます。
それに加え、バイナリーオプションでは、直近のグラフの傾きの方が重要です。
マイナス圏にあっても、直近で上昇傾向にあれば、超短期のバイナリーでは、買いトレンドになります。逆も同じく、プラス圏にあっても下降していれば、売りトレンドになります。

市況:

日韓貿易戦争、市場の想定上回る大きな問題

日韓の貿易戦争激化は中国を含むテクノロジーのサプライチェーンを混乱させる可能性があり、市場が織り込んでいる以上の大きな波及効果を及ぼすと、S&Pグローバル・レーティングが警鐘を鳴らした。

S&Pのアジア太平洋チーフエコノミスト、ショーン・ローチェ氏は東京都内でのインタビューで、影響を受けない勝ち組も株式市場に見られるかもしれないが、進行中の対立はグローバルに波及すると分析。日本が輸出許可を付与しないケースがあれば、韓国は生産を縮小するか重要な原材料確保で「相当高い」支払いを迫られるだろうと指摘。最終的に中国にも影響すると付け加えた。

同氏は「日韓の2国間貿易の妨げになるものがあれば、中国のテクノロジーサプライチェーンが混乱に陥る。上流での小さな混乱であっても、下流に行けば極めて大きなインパクトが生じ得る」との認識を示した。

Trade war risks long-term damage to trust, S&P says

最善のシナリオは今回の日韓対立が完全になくなることだが、たとえ対立が解消されても長期的に信頼の問題は残る可能性があるとも分析。

ローチェ氏は「両国間の信頼とグローバルな取引システムへの信頼に持続的なダメージを与えことになるだろう。すでにわれわれはそれを目にし始めている」とし、「信頼感が低下し、企業のリスクと戦略についての考え方に恒久的な影響を及ぼす」と警告した。

S&Pは、韓国の方が日本よりも厳しい状況に見舞われる可能性があるとみる。同社は韓国の成長率を今年が2%、2020年は2.6%と見積もっているが、現在の「膠着(こうちゃく)」が続けば、直接的な混乱が最小にとどまっても、同成長率見通しに緩やかな下振れリスクが生じるだろうとしている。

日本への影響については、10月の消費増税後に見込まれる景気減速を悪化させる可能性はあるものの、韓国よりも「マイルド」とみる。S&Pによる日本の成長率予想は19年が0.8%、20年が0.1%。

 

カレンシーインデックスを確認し、通貨ペアを決めた後、MT4のチャートで確認します。
今回は、AUD、JPYが上昇トレンドで、EUR、USDが下降トレンド。
乖離幅が大きい、EURAUDが狙い目なのは一目瞭然ですよね!
20191001_233611000_iOS
ベット:100,000円
ペイアウト:2.00(200,000円)

 

暗号資産「リブラ」への参加、ビザやマスターカードが見直しも

[1日 ロイター]

-米クレジットカード大手のビザやマスターカードなど金融各社は、米フェイスブックが主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」導入計画に参加するかどうか再考している。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が1日、関係筋の話として報じた。

同紙によると、各社は規制当局による厳しい監視の対象となることを懸念しており、リブラへの支持を公式に表明することに二の足を踏んでいる。

また、ブルームバーグが報じたところによると、米決済サービス大手ペイパルとオンライン決済のストライプもリブラ計画への参加についてまだ正式に決定していない。

 

libra

リブラを巡っては、ドイツとフランスの政府が投資家保護などを巡るリスクに適切に対処できない可能性があるなどとして許可に慎重な姿勢を示すなど、各国の規制当局から懸念の声が上がっている。

リブラ協会の責任者バートランド・ペレス氏は、世界的に広がっている規制への懸念で、リブラの導入が遅れる可能性があるとの見方を示している。

カレンシーインデックスを確認し、通貨ペアを決めた後、MT4のチャートで確認します。
今回は、AUD、JPYが上昇トレンドで、EUR、USDが下降トレンド。
乖離幅が大きい、EURAUDが狙い目なのは一目瞭然ですよね!
20191001_233611000_iOS
ベット:100,000円
ペイアウト:2.00(200,000円)

 

暗号資産「リブラ」への参加、ビザやマスターカードが見直しも

[1日 ロイター]

-米クレジットカード大手のビザやマスターカードなど金融各社は、米フェイスブックが主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」導入計画に参加するかどうか再考している。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が1日、関係筋の話として報じた。

同紙によると、各社は規制当局による厳しい監視の対象となることを懸念しており、リブラへの支持を公式に表明することに二の足を踏んでいる。

また、ブルームバーグが報じたところによると、米決済サービス大手ペイパルとオンライン決済のストライプもリブラ計画への参加についてまだ正式に決定していない。

 

libra

 

リブラを巡っては、ドイツとフランスの政府が投資家保護などを巡るリスクに適切に対処できない可能性があるなどとして許可に慎重な姿勢を示すなど、各国の規制当局から懸念の声が上がっている。

 

リブラ協会の責任者バートランド・ペレス氏は、世界的に広がっている規制への懸念で、リブラの導入が遅れる可能性があるとの見方を示している。

朝の5分で小遣い+40万円★ハイロー攻略、通貨の強弱を見極める!
通貨の強弱CurrencyStrengthChartで、直近のグラフの傾きを考慮し、
MT4のボリンジャーバンド、15分足と5分足をチェックし、HighLowで15分ベットします。

ベット:100,000円
ペイアウト:2.00(200,000円)

[東京 27日 ロイター] –

<09:11> ユーロ2年4カ月ぶり安値圏、売り材料相次ぐ

ユーロは1.09ドル前半。海外市場でつけた2年4カ月ぶり安値から小幅に切り返したが、反発力は乏しく上値の重い展開だ。

欧州中央銀行(ECB)が今月12日に利下げや量的緩和(QE)再開など、包括的な金融緩和を決定して以来、ユーロは上値の重さが目立っている。最近では、積極緩和に批判的だったラウテンシュレーガー専務理事が任期切れを待たずに突然辞任したことで、中銀内の足並みの乱れも懸念材料として浮上してきた。

英国の欧州連合(EU)離脱が不透明感を増してきたことも重し。短期筋の持ち高は既にユーロ売りへ傾いているが「売られやすい展開が続きそう」(証券)という。

対円相場は117円半ば。底堅いドル/円が下支えとなって下げは限られているが、少しずつ上値を切り下げている。

20191008_022045000_iOS

 

通貨の強弱CurrencyStrengthChartで、直近のグラフの傾きをみると、JPYが極端に落ちてますね。
しかし、反発したのか、少し戻ってきています。
AUDが反発の後、さらに上昇をみせているので、AUDを基軸に考えます。
JPYが大きくマイナスなので、最初は、AUDJPY。しかし、戻りがあり、3勝1敗。
そこで、下降しているUSDで取り戻しました。2勝0敗。
トータル5勝1敗、+40万円です。

 

ドル107円前半、リスクオフ後退で円売り地合い

[東京 8日 ロイター] –

<09:40> ドル107円前半、リスクオフ後退で円売り地合い

ドルは107.36円付近でこじっかり。

前日の海外市場では、中国当局が米中通商協議で可能な部分で合意を取りまとめ、その他の部分は来年協議するべく工程表を作成する用意があると一部メディアが伝えたことが話題となり、「リスクオフの後退から、円売りの流れになった」(FX会社)という。

ただ、ドル買い/円売りは最近のドル/円の値幅で安値から61.8%戻しとなる水準(107.45円)をやや上抜けした107.46円付近で失速したため、今日も上値の重さが意識されそうだという。

さらに、この中国の工程表にまつわる報道のあと、トランプ大統領は部分的な合意には満足しないとの立場を明らかにしたことから、「最終的には、米国株も米債も売られる結果となった。リスクオフ後退という形で残ったのは円(円売り)だけだった」(同上)という。