ハイロー、クイックデモ実例集 攻略動画まとめ

ハイロー攻略の検証動画です。カレンシーストレングスとともにその当時の市況も踏まえ、クイックデモでの取引の様子をキャプチャしています。
【ハイロー攻略の基本】
・レンジ相場の場合は、もみ合いの頂点を取る形で、逆張りエントリー。
・トレンドが明確な場合はボリンジャーバンドの+2σに接触したタイミングで、逆張りエントリー。
・RSIでゴールデンクロス、デッドクロスの場合は、順張りエントリー。
・ノイズを捉える(30秒、1分)
※一瞬の大きな値動きをノイズと呼び、このノイズが起きた時にエントリーをするというのが30秒取引の攻略法になります。
ちなみにこの方法であれば分析を必要としない為、外出時のちょっとした待ち時間にも使える攻略法になります。
大きく下がる:HIGHでエントリー
大きく上がる:LOWでエントリー
ノイズは一瞬ですのでどちらかといえば集中力が大事な攻略法になります。
【ハイロー攻略の最重要項目】
通貨の強弱「マタフ(mataf.net)」や「Currency Strength Index」を確認、強い通貨(プラス圏にある)、弱い通貨(マイナス圏にある)を見極めます。
通貨同士の乖離が大きい方が、より強いトレンドにあるといえます。
それに加え、バイナリーオプションでは、直近のグラフの傾きの方が重要です。
マイナス圏にあっても、直近で上昇傾向にあれば、超短期のバイナリーでは、買いトレンドになります。逆も同じく、プラス圏にあっても下降していれば、売りトレンドになります。

朝の5分で小遣い+20万円★ハイロー攻略、通貨の強弱を見極める!

通貨の強弱CurrencyStrengthChartで、直近のグラフの傾きをチェック。
JPY、AUDがプラス圏にありながら、下降局面。
EUR、USDはマイナス圏から上昇傾向。
通貨ペアの組み合わせとして、
USDJPY、EURJPY、EURAUD、USDAUD
の4パターン。
20190809_000656000_iOS

MT4のチャートをチェック。
EURJPYがトレンドが強い。
EURJPYで円安方向、HIGHへエントリー。


結果、4勝0敗 プラス20万円。

ベット:50,000円
ペイアウト:2.00(100,000円)

その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC

<この時の市況>

GDP4─6月期年率+1.8%、3期連続プラス成長

[東京 9日 ロイター]
– 内閣府が9日発表した2019年4─6月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス0.4%、年率換算でプラス1.8%となり、3四半期連続のプラス成長となった。
ロイターの事前予測の年率0.4%を大きく上回った。
中国経済減速など外需の悪化を民間最終消費や設備投資の好調が上回り、プラス成長を維持した。

ハイローオーストラリアの口座開設方法、スマホで簡単、使い方【2019版】
ハイロー.com(旧ハイローオーストラリア)での口座開設方法を説明していきます。口座開設費・口座維持費ともに0円なので誰でも簡単に口座開設が可能です。 今なら新規口座開設で5,000円キャッシュバックされます。 つまりクレジットカードで...

昼休みの15分でバイナリーオプション攻略!ペイアウト2.0倍で+60万円!

20190808_030558000_iOS

15分間ベットを3回、計12勝0敗、+60万円となってしまいました。
ベット:50,000円
ペイアウト:2.00(100,000円)
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC

20190808_031613000_iOS

<この時の市況>

トランプ米大統領は7日、ツイッターで再び「FRBはより大きな幅で、かつ、より速いペースで利下げを行う必要がある」と言及した。

a95ff0492c6da8a50d14fcfa9cdbd84e190

 

【お小遣い】バイナリーオプションの攻略は直近の通貨の強弱が重要!5分で20万円!

MT4のボリンジャーバンド、15分足と5分足をチェックし、ハイローHighLowで15分ベットします。
通貨の強弱CurrencyStrengthChartで、直近のグラフの傾きを考慮するのが重要なポイントです。

通貨ペア: EURUSD

ベット:50,000円
ペイアウト:2.00(100,000円)
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC

20190805_135048000_iOS

<この時の市況>

市場関係者のコメント
●16年半ばに類似、株式は買い場到来
<東海東京調査センター チーフグローバルストラテジスト 平川昇二氏>
世界の株式市場は大幅な調整に見舞われているが、債券高、株安、円高、人民元安、原油2番底入れと2016年半ばと全く同じ展開だ。消費者信頼感指数や週次の新規失業保険申請件数など、景気に先行する指標は堅調で、仮に3000億ドル相当の中国製品に対する関税率を25%に引き上げても4兆5000億ドルの米財消費が崩れるリスクは低い。本格的なリセッションではないと判断され、グローバル株式市場で5年程度に1度到来する良好な投資機会が来ているとみている。
日本株のバリュエーションも16年当時と同程度まで割安になっている。前日のCME日経先物のPBR(株価純資産倍率)の水準は1.01倍とボトム。PER(株価収益率)も過去約20年間のボトム水準となっている。外為市場で円高が進行すれば収益が大幅に悪化するリスクはあるが、前年比4%程度の円高水準である105.30円台で下げ止まるならば大幅減益も想定し難い。
●ドル下値めど102円、日銀緩和に円高リスク
<三菱UFJ銀行 チーフアナリスト 内田稔氏>
米中摩擦は解消の見通しが立たず、英国も合意のないまま欧州連合(EU)の離脱を迎える危険性が高まってきた。ドル/円は下値不安が強まっている。

日銀の異次元緩和が始まった2013年以降の経験則に基づくと、円とドルがともに買われる展開となった年のドル/円の年間変動率は、年始水準の約1割、10─11円程度。今年4月に記録した112.40円を今年の高値とすると、年内の下値めどはおおむね102円付近となる。

china-and-usa-after-panama-papers-shock

ペイアウト率2倍のHIGHLOWスプレッドを攻略 勝率5割でも負けない!?

ハイローのペイアウト率がキャンペーン中で最大2.2倍までUPしています。
つまり、勝率5割でも利益が出ます!

マタフでGBP(英ポンド)が暴落中。
GBPJPYでLOWベット。ペイアウト率2.0倍のHIGHLOWスプレッドでも十分
勝てるトレンドの強さです。

20190730_035549000_iOS01

結果、3勝1敗、プラス10万円でした。

ベット:50,000円
ペイアウト:2.0(100,000円)
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC

20190730_035541000_iOS02

<この時の市況>
日銀、モメンタム損なわれれば「躊躇なく追加緩和」

日本銀行は30日の金融政策決定会合で、長短金利操作付き量的・質的緩和の枠組みによる政策運営方針の維持を7対2の賛成多数で決めた。
政策金利のフォワードガイダンス(指針)も据え置いたが、発表文で、物価目標に向けたモメンタムが損なわれる恐れが高まる場合は「ちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる」との文言を新たに追加した。
 片岡剛士審議委員は「短期政策金利を引き下げることで金融緩和を強化することが望ましい」としてマイナス金利の深掘りを主張。
長期金利の変動幅容認は曖昧過ぎると主張した原田泰審議委員とともに議長案に反対した。片岡委員は従来は具体的緩和策に言及していなかった。
 四半期に一度の経済・物価情勢の展望(展望リポート)では、消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)の前年度比見通しを19年度が1.1%上昇から1.0%上昇、20年度は1.4%から1.3%に下方修正。
実質国内総生産(GDP)成長率の見通しも、19年度が0.8%から0.7%、21年度は1.2%から1.1%に引き下げた。
 その上で、経済・物価とも「下振れリスクの方が大きい」と評価。
リスク要因として「特に保護主義的な動きによる影響の不確実性が高まっている」と指摘した。

 長期金利がゼロ%程度で推移するよう国債買い入れを行い、ある程度の金利変動を許容する方針と、マイナス0.1%の短期政策金利を維持。

指数連動型上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(J-REIT)の買い入れ方針にも変更はなかった。

日銀

第一生命経済研究所の新家義貴主席エコノミストは電話取材に対し、「日銀としては残る数少ない球をあえて今打つ必要はないと判断した」と指摘。追加緩和については、経済、物価がちょっと下振れくらいでは発動しないとしながらも、特に為替が急激に円高になるようなら、追い込まれてやることになると述べた。

 31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では約10年ぶりの利下げが確実視されている。

欧州中央銀行(ECB)は25日の政策委員会後、少なくとも20年上期中は金利が現行「またはそれ以下」の水準にとどまると表明。中銀預金金利を9月に現行のマイナス0.4%から引き下げることに含みを持たせた。

こうした中、日銀が4月会合で「少なくとも2020年春ごろまで現在の極めて低い長短金利の水準を維持する」と明確化したばかりのフォワードガイダンスを今会合で再延長するとの見方が、ブルームバーグのエコノミスト調査では30%だった。

5分で小遣い+25万円★ハイロー攻略、MT4チャートを見極める

yenjpy

MT4のボリンジャーバンド、15分足と5分足をチェックし、HighLowで15分ベットします。

ベット:50,000円
ペイアウト:2.00(100,000円)

その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC

すきま時間にスマホで稼ぐ★ハイロー攻略! 5分で+150000円!

通貨の強弱CurrencyStrengthChartで、直近のグラフの傾きを考慮すると、
JPYだけがマイナス圏で下降トレンド。
EUR、USD、AUDはプラス圏にあり、USDが上昇トレンド。20190806_183542000_iOS
<この時の市況>米中貿易戦争がさらに緊迫の度合いを高めたため、世界の金融市場はこの数日で大きく揺れた。株式などが売り込まれる一方、金など安全資産は買われ、いくつかの市場が年初来の節目を突破した。

相場の変動が目立つ動きを見せた主な市場は以下の通り。
(1)ボラティリティー急上昇

「恐怖指数」として知られるVIX指数.VIXは5日、1日としては2018年10月以来の大幅な上昇となった。市場は株価の不安定な状態が長期化するとみている。

(2)世界的に株売り強まる

世界47カ国の株価に連動するMSCI世界株指数.MIWD00000PUSは5日まで6営業日連続で下落した。6日連続は今年最長。今年のピークからの下落率は約6%。

(3)米株価が急落

S&P総合500種株価指数.SPXの5日の下落率は約3%で、今年最大。1日の下落率としては18年12月4日以来の大きさ。

(4)逆イールド深まる

米債券市場では5日、長期債利回りが短期債より低くなる「逆イールド」が深まり、3カ月物財務省短期証券(Tビル)US3MT=RRと10年物国債US10YT=RRの利回り差がマイナス30ベーシスポイント(bp)程度と07年以来の幅に拡大した。逆イールドは景気減速が近いことを示す信頼できる指標と受け止められている。

(5)人民元安が進行

米政府が中国製品に対する新たな追加関税の導入計画を発表したことに対して、中国当局が人民元の下落を容認。人民元CNY=の対ドル相場は5日に1ドル=7元の心理的な節目を割り込み、11年ぶりの水準に下落した。

(6)新興国通貨は年初来の上昇分消失

MSCIの新興国通貨指数.MIEM00000CUSは5日、年初からの上昇分を全て失った。人民元安につれて韓国ウォン、台湾ドルなどが下落した。

(7)国債利回りは一段とマイナス化

欧州ソブリン債の利回りはマイナス化の動きが続き、アイルランドの10年物国債IE10YT=RRとオランダの30年物国債NL30YT=RRがマイナスとなった。ドイツ、デンマーク、スイス、オランダで利回り曲線がマイナス化している。

(8)金は6年ぶり高値
金XAU=は安全資産として買われ、5日に6年ぶりの高値を付けた。