MetaTrader5のダウンロード&インストール方法

市場取引やテクニカル分析の為の、最も強力で便利なツールMT4ですが、

開発元のMetaQuotes Software社のWEBサイトからは、MT5しかダウンロードできないようになりました。

今回は、ハイローオーストラリアでバイナリーのHigh&Lowの判定をするための参考用ですので、どちらでもよく、MT5をインストールしたいと思います。

(ここでは、Windows版での説明を行っていますが、もちろん、Mac版、iOS版、Android版、Linux版もちゃんとあります。)

MetaTrader4のメイン画面MT4
MetaTrader4のメイン画面

無料でMetaTrader 5をダウンロードする

MetaTrader5(MT5)は発注・決済・チャート分析・自動売買に至るまであらゆる機能を実装しているFX取引ツールです。

現時点で、多くの業者で採用されているのは、MetaTrader4(MT4)をカスタマイズしたものですが、その進化版がMT5ですので、MT4と同じく国際標準のFXトレーディングツールと言っても過言ではありません。

通常、FX業者等を経由して新規取引口座開設の際、ブローカーからダウンロードを指示されます。

FX業者を経由しなくてもツール自体は自分でダウンロード&インストールすることが可能です。

以前は、MetaTrader4の開発元MetaQuotes Software社のWEBサイトからMT4とMT5がダウンロード可能でしたが、現在はMT5のみの提供となっている様です。

まずはWEBサイトから、MetaTrader4のダウンロードページにアクセスします。(https://www.metatrader4.com/ja/download

一番最初に、「無料でMetaTrader 4をダウンロードする」とタイトルがあり、直下にMetaTrader5のインストールを促すようにボタンが設置されてます。

下の方にスクロールしていくと、PC版のMetaTrader4のダウンロードボタンがありますが、それをクリックしても、最初のMT5のボタンをクリックしたのと同じmt5setup.exeファイルがダウンロードされます。
(Android版、iPhone版は、MT4アプリの画面に飛びます)

※スマホで使用する場合はMT4、MT5どちらでも構いません。

クリックすると、ブラウザ上にファイルのダウンロード画面が表示されます。そうしたら、ファイルはパソコン上の任意のフォルダに保存してください。これでひとまず、インストールの下準備は完了です。

スマホ版MT4アプリ
iPhone版MT4アプリ

¥1000 min trade: white

MetaTrader5のインストール

先程保存したファイルは「mt5setup.exe」とタイトルがついているはずです。

このファイルをダブルクリックすると、MetaTrader5のインストールが開始されます。

最初にセットアップ画面が表示されるのでライセンス条項に目を通して、OKであれば「はい、上記の全てのライセンス条項に同意します」のチェックボックスをオンにします。

その後、「次へ」のボタンをクリックしてください。

「次へ」のボタンをクリックした後、必要なデータがパソコンにインストールされていきます。プログレッシブバーが右端に移動するまで気長に待ちましょう。ほとんど時間はかかりません。

インストールが終わると、勝手にMT5ダウンロードのページがブラウザで表示されたあと、MetaTrader5が起動し、デモ口座の申請画面が表示されます。ブラウザの方は無視してOKです。

『証券会社を探す』欄に”MetaQuotes-Demo”と入力するとサーバーのリストが表示されます。(すでにデモ口座をお持ちの場合、そちらのサーバーでもOKです)

その中で、『MetaQuotes Software Corp.』を選択しましょう。
(他でもいいのですが、証拠金に日本円JPYを選択できないので、こちらをお勧めします。証拠金はまったく関係ないので、USDでも違和感がない方は、証券会社を探す画面で、そのまま、次へをクリックしていただいて構いません)

口座のタイプを選択する画面が表示されます。

デモなので『デモ口座を開いてリスクなしのバーチャルマネーで取引する』にチェックが入っていることを確認し、次へをクリックします。

氏名、メールアドレス、電話番号の入力ですが、仮名でOKです。

口座タイプが、Forex-JPY、デポジットが、100万円になっていることを確認しましょう。

入力が終わりましたら、次へ進んでください。

デモ口座が開設され、ログインIDとパスワードが発行されます。

『登録情報をクリップボードにコピーする』をクリックし、メモ帳などに貼り付けて保存しておきます。

保存したら、完了ボタンを押して、終了です。
これで、デモ口座に正常に接続されましたら、下記画面のような初期画面が表示され、『取り引きパネル』(赤矢印の部分)がリアルタイムに変動しているのが確認できます。

※たまに、アップデートのポップアップ画面が出ます。再起動ボタンを押して、最新にしておきましょう。これは、Windowsの再起動ではなく、MT5の再起動という意味です。

以上で、インストールは完了です。
次に起動したときに、ログイン画面が出た場合は、先ほどメモしておいた、ログインIDとパスワードでログインしてください。
お疲れさまでした。

¥1000 min trade: white

MetaTrader5の基本的な使い方

インストールが終わりましたが、初期画面では、どの通貨ペアが表示されているのか分かりません。また初期値では、1時間足で、ローソク足だったりバーチャートだったりします。

ローソク足は、好みの問題なのですが、基本的には、ローソク足の方が一般的で見やすいと思います。

ここでは、通貨ペアの変更、および、時間足、ローソク足の変更、とテクニカルインジケーターの追加方法を説明します。

まずは、一度、邪魔なウィンドウを閉じてしまいましょう。

4つのチャートの右上のx閉じるボタンを押してチャートを閉じます。

すっきりしましたね!

それでは、ドル円の通貨ペア、USDJPYのチャートを表示してみましょう。
左上の『新規チャートを開く』ボタンを押し、USDJPYを選択しましょう。

USDJPYのH1、つまり1時間足のバーチャートが表示されたと思います。

ローソク足への変更は、USDJPYチャートのウィンドウがアクティブな状態で、チャート切り替えボタンを押します。

時間足の切り替えは、チャートメニューから行います。
ハイローオーストラリアでは、短期、超短期で見ることが多いと思いますので、ツールバーに時間足切り替えのボタンを表示しておくと便利です。
ついでに、ウィンドウの整列ボタンをおして画面を整理しましょう。

MT5の使い方
時間足切り替え
MT5
時間足切り替えボタンの表示
MT5使い方
チャートウィンドウの整列

ローソク足、5分足にしてみました。
これに、ボリンジャーバンドを表示させてみましょう。
左側に表示されている、ナビゲーターウィンドウのインディケータ、トレンド系、Bollinger Bands をチャートウィンドウにドラッグ&ドロップします。

MT5インジケーターインジケーターの追加

ボリンジャーバンドの設定画面が出ます。とりあえず、このまま表示してみましょう。
ボリンジャーバンドが表示されました。
時間足を切り替えるとボリンジャーバンドもちゃんと切り替わりますね。

ここに、オシレーター系のRSIを追加してみましょう。
チャートウィンドウの中に、サブウィンドウが表示され、RSIが表示されました。縦軸が、70%と30%の値に点線がひかれました。これでトレンドが分かりやすくなったと思います。

以上で、チャート図の設定、通貨ペア、時間足の切り替えと、テクニカル分析のためのインジケーターの追加方法まで終了です。

このチャート図は、同じ通貨ペアで、時間足を5分、15分と替えて並べてみたり、同じ時間足で、異なる通貨ペアを複数並べて、どの通貨ペアが、ハイロー取引しやすいか、判断材料となります。

この基本的な部分は、MetaTrader4でもMetaTrader5でも同じです。

¥1000 min trade: white
また、インジケーターは、有志の方々が開発した、ベットのタイミングを教えてくれるものが無料で配布されていたり、有料で高い勝率をうたって売られていたりします。

しかし、あくまでもFX(投資)ですので、絶対、というのはありません。100%は不可能です。いかに、勝率を高くするか、がポイントですので、有料版のツールに頼るより、まずは自分でチャートを読めるようになることが大事だと思います。

MetaTrader5使い方
Win版MetaTrader5 スクリーンショット

30 Second Binary options

The following two tabs change content below.
2015年よりハイローオーストラリアとYバイナリーにて、バイナリーオプション取引を開始。
2016年、確実に出金できたハイローオーストラリア1本に絞り、多種多様な攻略法の情報商材を買うも、結局勝てず。
失敗をもとにクイックデモをフル活用する現在のやり方で、勝率約80%をキープ中。

Posted by Matsushita