ついにドル円107円台、バイオプへの影響を調査

いよいよ円高が本格化してきました。

実際には、円高というより、ドル安なわけですが、バイナリーオプションで重要なのは、トレンドの強さです。

年末から昨日、今日にかけ、かなり強いトレンドで大きく動いている為、FXトレーダーにとっては、難しい状況ではないでしょうか。

今日はトレンドの強さとバイナリーオプションの攻略法についての考察してみました。

[東京 10日 ロイター]

– 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の107円後半。一時107.82円まで売られ、4日以来約1週間ぶりの安値をつけた。

市場では、中国人民元やユーロに買いが集まっている反面、ドルが売られやすくなっているとの指摘が出ていた。

ドルは朝方の108円前半から、午後には107円後半までじり安。日経平均が300円超の下げとなる中、前日海外から続くドル安の流れも変わらず、上値の重い展開が続いた。

ドル下落の一因として話題になっているのが、中国人民元の上昇。元はきょうの取引で6.7元台まで買われ、昨年8月以来5カ月ぶりドル安/元高水準をつけた。

市場では「今週に入り、中銀が設定する基準値は元高方向へ振れることが多い。米中協議が落ち着き、中国の経済や市場が底打ちする展開を見込み始めているようだ」(邦銀)との声が出ていた。

前日海外で1.15ドル台を久々に上抜けたユーロも堅調。1.1570ドルと昨年10月17日以来3カ月ぶり高値をつけ、ドル安地合いを強める一因となった。最近の高値を上抜けたことで、テクニカル面を重視するファンド勢などが参戦しているという。

バイナリーオプションの場合、トレンドが強くなると、順張りで簡単に勝てそうですが、そう簡単ではないことは皆さんご存知の通り。

強いトレンドの背景には、市場の8割を占めるといわれる、AIによる自動売買の影響が大きいそうですが、いくらトレンドが強くても、必ず反発する場面があります。

FXで長期取引を行っている場合は、ロスカットの心配がありますが、バイナリーオプションでは、締め切り時間に上なのか下なのか、その瞬間がすべてです。

その簡単ではない良い例が、

度々トレーダー間で議論される事がある、マーチンゲール法。

バイナリーオプション攻略の必勝法として失敗した方も多いのではないでしょうか?

マーチンゲール法とは?

最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。

まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。

試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。

多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗する。負けが連続するとたちまちパンク、もしくはテーブルリミットと呼ばれる賭けの上限に達してしまう。

ウィキペディアより

具体例をあげますと、

初期投資額を決めてベットする。
⇒ $1で勝ちたいなら、最初のベット額は$1です。

勝負に負けたら、次回の賭け金を前回の2倍に増やしていきます。
⇒ ゲーム進行毎に初期投資額の「2倍→4倍→8倍→16倍→32倍→64倍→128倍」と増やしていきます。

勝負に勝ったら最初の投資額に戻します。

実にシンプルなやり方で初心者でも実践できる方法です。

ゲーム回数 賭け金($) 勝ち負け 残高利益
1回目 1 負け -1
2回目 2 負け -3
3回目 4 負け -7
4回目 8 負け -15
5回目 16 負け -31
6回目 32 負け -63
7回目 64 負け -127
8回目 128 勝ち +1

マーチンゲール法は、負け続けた時に賭け金がどんどん増え続けます。
しかも、初回賭け金が大きければ大きいほど増え方も急速に膨らみます。

マーチンゲール法が必勝法となるためには、底なしの資金が必要となり、何回目で勝ったとしても、利益は1回目で勝った時と同じです。

つまり、勝つまで止めない、という強いメンタルと資金力と多大なリスクと引き換えに、わずかな利益を獲得する手法です。

ここで、ここ数日の強い円高トレンドで、どれだけ、マーチンゲール法でのリスクが高かったのか、自作のMT4インジケーターで集計してみました。

今回は、マーチンゲールでのベットタイミングは、ボリンジャーバンドで+2σを超えて、反発するか、-2σを下回って、反発するか、の逆張りでの勝率を想定してみたものです。

バンドウォークとは
ボリンジャーバンドの2σラインを超えても、反発せず、そのままトレンドが続いている状態です。
つまり、逆張りした場合、負ける確率、順張りだと勝てる確率、ということになります。

データを見ると、ここ1、2か月で、バンドウォークの最大値が9回となってます。マーチンゲールだとこの瞬間に破産してますね。

だからといって、順張りだったら勝てているのかというと、バンドウォーク1回、つまり即、反発した回数も、47.9%と約半分になります。

結局、順張りでも逆張りでも、トータルの確率では、あまり変わりません。しかし、マーチンゲール法を使っていた場合、どこまで我慢できるか、で損失が大きく変わってきます。利益は少ないのにベット金額だけが増え続けていくのです。

100円でスタートしたとすると、9回負け続けて、次にかけるお金は51200円です。51200円もかけているのに、勝った場合の実質的な利益が100円なのです。

勝率50%の丁半ばくちだと、10連敗する確率は約0.1%しかありません。もし、2000回、3000回すれば、たぶん1度は10連敗してしまいます。

1000回、100円ずつ勝ったとして、10万円。1001回目に10連敗したらマイナス50万円なのです。

底なしの資金がない場合以外は必勝法とはなりえません。

結論。やるためには莫大な資本が必要なのに、莫大な資本がある人がやるには効率が悪すぎる。

バイナリーオプションにおいては、トレンドに関係なく、マーチンゲールは通用しないということですね。

しかし、トレンドが強い場合、チャートを注意深く見ていれば、反発するタイミングを避け、締め切りの瞬間に、順張りで勝てるタイミングがあることが分かります。

チャートを注意深く見るのと同時に、デモ取引で実験することの意味がここにあるのです。

 

ハイローオーストラリア公式サイト

¥1000 min trade: white