為替レートは業者によって違うって知ってますか?

FX、為替レートは、業者によって微妙に差がある事をご存知でしょうか?
ここでは、バイナリーオプションがなぜFXよりもおすすめなのか、という観点から説明したいと思います。

 

実は為替レートは業者によって微妙に違います。

つまり、A社のレートの方がB社のレートより高い!と言う事がありえます。

たとえば、今現在の全く同じ時点のUSD/JPYのレートを、複数の業者で見ると以下のようになっています。

 

業者名 為替レート
Bid Ask
GMOクリック証券 114.089 114.093
DMM FX 114.094 114.097
外為オンライン 114.09 114.10
FXトレード・フィナンシャル 114.102 114.105

意外なことだと思いますが、外国為替市場は、株式市場とは仕組みが異なるためです。

FXで顧客が通貨ペアを売るときの値はBidで、買うときの値がAskです。BidとAskの差をスプレッドといいます。

FXの為替レートは秒刻みで変わり、FXのスプレッドは、銀行と証券会社における売相場と買相場の差より、かなり少ないです。

株式市場は取引所取引と言って、ある企業の株価が1,000円だとすると、
取引所では一律1,000円となり、どの証券会社でその企業の株を購入しても同じです。

しかし、外国為替市場では、相対取引(アイタイトリヒキ)といって、売り手と買い手が1対1で取引します。

FX業者を通じて誰かと通貨の売買をするのではなく、FX業者と通貨の売買をすることになるのです。

言い換えると、FX業者は売買を仲介する業者ではありません。

FX業者自身が我々個人トレーダーと売買をすることになります。

こういった、誰かを介して誰かと取引するのではなく、当事者同士の1対1でする取引形態のことを相対取引と言います。

相対取引では1対1の取引なので、当事者同士が納得する値段であれば、いくらで取引してもいいとされています。

取引する当事者同士が納得した価格であればいいので、別に他人に合わせる必要はありません。

そのため、取引する業者間で為替レートが違います。

米ドルを買おうと思ったとき、我々がドルを買っていたのは、「外国為替市場にいる誰か」からではなく「FX業者」からなのです。

業者は買値と売値にスプレッドを設けていますから、買ってすぐに他の人に売っても儲かります。

これにプラス手数料が業者の儲けになるわけです。

これが株式市場と外国為替市場との大きな違いです。

業者による為替レートはそれほど大きく違うわけではありませんが、ただ、レートが高いからダメ!ということではなく、自分にとっての買値が高くても、売値も高いのなら気にする必要はありません。

レートが高いか低いかを見るのではなく、スプレッドが広いか狭いかを考えます。

プラス、手数料が安い業者かどうか、がポイントになってきます。

基本的に、金融機関同士が取引するインターバンク市場のレートを参考にして仲値(T.T.M.)を決め、為替手数料を加えて、顧客と取引するレートを決めています。

為替レートは業者によって違う
インターバンク市場とは?

為替手数料は金融機関、時刻、通貨、取引方法によって異なるということです。それらが同じであれば、円を外貨にするときと、外貨を円にするときの為替手数料は、通常等しいです。

銀行の場合は、営業日の午前10時頃に、公示相場として外国為替レートを発表します。

顧客が実際に取引するレートは、公示相場と異なるレートを用いることがあります。

インターネットバンキングでは、為替手数料が店頭の半額になることが多く、リアルタイム為替レートで取引するのが一般的です。リアルタイム為替レートは、市場実勢相場を反映していて、数十秒で変化します。

FX業者も当然リアルタイムレートを使用しますので、業者間で微妙に異なっているというわけです。

 

スワップ金利ですが、こちらも業者ごとに違いがあります。
デイトレードなど短期取引を中心にやるのであれば、スワップ金利はそれほど重要ではありませんが、中長期計画の場合はスワップ金利の高い業者を選んだほうが、その分蓄積される金額も多くなるので有利になります。

 

以上、為替レートの違いについて説明してきましたが、バイナリーオプションの場合、これは関係ありません。

当然ですが、ある時刻のある通貨ペアのレートが、上がっているか下がっているかを予想するのがバイナリーオプションなので、実際の価格の上昇下降と度合いが同程度であれば、影響ありません。

そのため、MetaTrader4などのツールを利用した場合、ハイローオーストラリアのチャートに表示されているレートとは、誤差があります。そこを気にして、ハイローオーストラリアはおかしい、という人がたまにいますが、ここまで説明してきたように、為替レートは業者によって違って当然なのです。

バイナリーオプションの勝ち負けは、絶対値でなく、相対値なので、そこを考慮した上で、チャートを見るようにしましょう。

バイナリーオプションのよさは、自分でベットした金額以上の負けが無いということです。FXのように証拠金維持率などを気にしなくていいのです。強制ロスカットされることはありませんから。

FXで痛い目を見た、という方も、バイナリーオプションに挑戦してみませんか?
ハイローオーストラリアなら、超短期の30秒から取引可能です!