攻略のための手法

バイナリーオプションで使える便利なインジケーターRSIなど

更新日:

バイナリーオプションにおいて、かなり高い確率で勝てるインジケーターがRSIです
RSIのインジケーターで、70%オーバーだったらLOW、30%以下だったらHIGH、という逆張りでも、ハイローオーストラリアでそこそこ勝てますが、より信頼性の高い使い方をご紹介します

RSIにボリンジャーバンドを表示していち早く方向の転換を知る

RSIとは、
指定した期間の値動きを0~100という数値を利用して相対的に表したものと考えられます。
RSIだけでなく、売られすぎ・買われすぎといった表現をするオシレーターの多くがこういった考え方となります。
RSIの基本的な考え方としては、
50より上にRSIの実線があればHIGHトレンド

50より下にRSIの実線があればLOWトレンド

ですが、バイナリーオプションでの利用法としては、

70より上で買われすぎなので、反発して売り、つまりLOWベット
30より下で売られすぎなので、反発して買い、つまりHIGHベット

と予測されます。

しかし、各レベルを通常のRSIの利用方法としてのレベルで使うとなるとちょっと判断に困る点がでてきます。

それが、50レベルを中心としたロング(HIGH)とショート(LOW)の判断について。
RSIを使っていてよくあるケースが、
・RSIが50を超えたからHIGHかなと思いエントリーしてみたが、短期的な天井をつかんでしまった
・まだ50を逆方向に抜けてないから流れが継続していると思っていたが、すでに逆方向に傾いていた
といったケース。
RSIにボリンジャーバンドを表示させると、それがクリアになります
RSIの50と同じ意味合いを、RSIに表示させたボリンジャーバンドの中心線にあてはめた場合、上記のチャートを見てもらうと分かるように、いち早く方向の転換がわかるわけです。

短期RSIと長期RSIのクロスを狙った簡単に押し目・戻りを計る

ボリンジャーバンドとRSI・ストキャスティクスなどのオシレーター系インジケーターでトレンド中の押し目・戻りを計る手法はありますが、中々エントリーポイントが少ないのが難点です。

これを単純ですがRSIを2本同時にサブチャートに表示させて押し目・戻りを容易に判断できるインジケーターがあります。

RSIの期間は、通常、14日間ですが、それに、50日間のラインを重ねて、ゴールデンクロス、デッドクロスと同じような考えで、転換点を見つけます。

上の図は、無料で入手できる、Rsi_two.ex4 というインジケーターで、ゴールデンクロス、デッドクロスが発生するとチャート上に矢印で表示してくれるすぐれものです。

よく見ていただくと分かるかと思いますが、当然100%というわけではありません。しかし、かなりの確率で当たっていることがわかります。

PC版のMT4やMT5をお使いの方は、Rsi_two.ex4で検索すれば入手できますので、インジケーターを追加してみると参考になると思います。

スマホ版のMT5でも、RSIを2本表示させることができますので、サブチャート部分にRSIのパラメーターを50日にしたものを線の色を変えて表示させてみれば、参考になると思います。

MT5アプリでRSIを2本表示させる方法

まず、チャート画面をタップするとメニューが出てきますので、「インディケータ」をタップします。(画像はiOS版です)

インジケーターの選択画面が表示されますので、少し下にスクロールしていき、RSI=Relative Strength Index を選択すると、パラメータの設定画面が表示されますので、1つ目はそのまま保存をタップします。

そうすると、インディケータウィンドウ1が作成されます。(サブチャート)

次に2本目のRSIを、その「インディケータウィンドウ1」に追加します。

インディケータウィンドウ1をタップすると、同じようにメニューが出てきますので、インディケータをタップします。

そうすると、メインウィンドウとインディケータウィンドウ1と2つ表示されますので、インディケータウィンドウ1をタップします。

同じく、インディケータの選択画面が表示されますので、RSIをタップします。パラメータ設定画面で、期間を50日、スタイルを適当な色(1本目と違う色ならOK)を選択します。完了で保存します。

どうでしょうか。
クロスしている部分で、チャートが転換していることがわかるかと思います。当然、これもトレードする期間によって、時間足を変更してみないと余計に迷ってしまう結果となるので注意してください。
¥1000 min trade: white

オシレーターでバイナリーオプション攻略

次に、RSIと同じオシレーター系のインジケーターで、ストキャスティクスを使ったトレンドの見極め方を説明します。

FXでよく使われるテクニカルは、大きく分けるとトレンドタイプとオシレータータイプの2種類に分けることができます。
トレンドタイプはその名前の通り、現在のトレンドの方向をあらわすのでトレンドフォロー(順張り)などにふさわしいテクニカルと言えます。
これらのツールは、そのままバイナリーオプションでも攻略に活用できます。
オシレータータイプは「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」をあらわすため、上昇トレンド中の天井、下落トレンド中の底を見つけるなど、転換点での逆張りに適しています。
オシレータータイプの代表的なテクニカルに「ストキャスティクス」があります。

 

指標の細かい計算方法はさておき、ストキャスティクスには%Kと%D2本のラインが表示されます。

小さいですが右に80と20という数字が表示されるのが確認できます。
サブチャートの右側の白い点線の延長の小さい数字です。

赤とブルーの2本のラインの値が80%以上になれば「買われ過ぎ」、20%以下になれば「売られ過ぎ」のサインになります。

ちなみに、RSIと比べるとこう。(RSIは短期5で設定)
RSIは1本だったのが、ストキャスティクスは2本で表されていますね。

この2本というのがミソで、クロスした所がFXでは売買タイミングだと言われています。

赤・・%D線といいます。
深緑・・%K線といいます。

ここで、赤の線を緑の線がクロスした時が買い時→LOW狙い という事になります。

どうでしょうか?
個人的な好みとしては、RSIを2本使った方が分かりやすいような気がします。中長期の取引であれば、Stcas(ストキャスティクス)の方が合っているのかもしれません。

トレンド系の一目均衡表による売買サインと上昇・下降相場の判断

一目均衡表は、株式投資やFXで使われている日本人が作った指標ですが、現在は世界中のトレーダーが愛用する指標になっています。

一目均衡表を完全にマスターするのは難しいですが、わかりやすい売買サインも多く、雲だけを使うのもありなので、トレンド判断の参考に取り入れてみても良いと思います。

<売買サイン>
    ・ローソク足が雲を下から上に抜けるとHIGH
    ・ローソク足が雲を上から下に抜けるとLOW
    ・基準線に対し転換線が下から上に抜けるとHIGH
    ・基準線に対し転換線が上から下に抜けるとLOW
    ・遅行スパンがローソク足を下から上に抜けるとHIGH
    ・遅行スパンがローソク足を上から下に抜けるとLOW
一目均衡表の売買サインは多いですが、ローソク足が雲に突入した時、抜けた時、転換線と基準線がクロスした時などがエントリーポイントになります。

今の相場状況を見るのにも役立ちます。

一目均衡表で見るトレンド
・ローソク足が雲の上にある場合は強気相場

    ・ローソク足が雲の下にある場合は弱気相場
    ・遅行スパンがローソク足の上にある場合は強気相場
    ・遅行スパンがローソク足の下にある場合は弱気相場
    ・転換線が基準線を上抜くと上昇トレンド
    ・転換線が基準線を下抜くと下降トレンド
一目均衡表は、他のテクニカル指標と組み合わせて使うことが多いです。
他のテクニカルと組み合わせる場合、一目の雲のみを表示して使うとわかりやすくなりますが、バイナリーオプション的には、強気か弱気か相場状況を捉えるための参考とする程度だと思います。

トレードはとにかくシンプルに!

トレードはシンプルにすればするほど問題点が見つかりやすく改善ポイントが発見できます。
メンタルが弱い人こそシンプルで考え過ぎないトレード手法を作りましょう。

¥1000 min trade: white

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事一覧

-攻略のための手法
-, , , , ,

Copyright© バイナリーオプションHIGH&LOW turbo , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.